パネライ

パネライ・ルミノール PAM01562、PAM01564・メタルブレスの44ミリ・白&黒文字盤でようやく登場

シルベスタースタローンはパネライのルミノールが大好きだ。 もう時計は要らんだろうといくらい時計を持ってるに違いないシルベスタースタローンが競売にかける腕時計を見せるという動画なのだが、相変わらずかっこいい。 そして渋い。 そして逞しい。 そ...
オメガ

オメガ・スピードマスター NASAを支えたムーンウォッチ・30代40代50代でも恥ずかしいわけがない

驚いた。 久々に時計業界に戻って見ると腕時計の値段が全体的に底上げされているではないか。 ロレックスやパテックフィリップなどの超がつく高級時計メーカーに限っては桁が変わっている笑 投資目的の買いが先行したということだろう。 投資としての腕時...
パネライ

2024年パネライの新作・ルミノールドゥエに加わった赤い文字盤バーガンディダイヤル PAM01424

機械式腕時計にはある一定の流行というものが存在する。 ここずっとラグジュアリースポーツという大きな潮流があって、その中にさまざまな細々した流行があったりする。 例えば文字盤。 ここずっと青い文字盤が流行しているが、青文字盤でラグジュアリース...
パネライ

パネライ・ルミノールのメタルベルト(ステンレス)はありかなしか?ダサい?かっこいい?

ルミノールといえば、レザーストラップ、もしくは最近の流行でいえばラバーストラップが人気である。 腕時計というものはケースやサファイアクリスタルの風貌が保護する文字盤、いわゆる顔全体もそうだが、ブレスレットやストラップを何にするかでだいぶ印象...
パネライ

パネライ・小さめのルミノールなんてドゥエ(どう)?小さいデカ厚38mm

パネライの腕時計はデカ厚であることが売りの腕時計ですが、少々大きすぎるという感覚もあるといえばある。 僕はこのサイズ感がパネライをパネライたらしめるアイデンティティとなっているので、その辺りに関しては大丈夫ですが、パネライの人気が高まるにつ...
ベル&ロス

ベル&ロスの8角形モデル BR-X5 アイスブルー・ステンレスブレスかラバーストラップか?

アイスブルーと聞いて時計好きが真っ先に思い出すのは間違いなくロレックスのデイトナアイスブルーでありましょう。 木村拓哉や武豊が所有していると噂のプラチナ素材のデイトナですが、僕の知り合いにも所有している人がいて、とにかく重い、と嬉しい悲鳴を...
デイトナ

ロレックス 新型18Kデイトナ・セラクロム、ノンセラクロムベゼルの価格を比較する

18Kデイトナ セラクロムベゼルの価格 ロレックスのデイトナが発表されたのは1963年のこと。 デイトナビーチのレースコースのオフィシャルタイムキーパーとなったのが1962年。 それがロレックスが自社の名も無いクロノグラフをデイトナと名付け...
デイトナ

ロレックス 新型ゴールドデイトナ登場で旧型はどうなった?・全6モデルの価格を比較

ロレックスのデイトナの新型が発表されてちょうど一年くらいだろうか。 ロレックスは新型が登場するとものすごく騒がられるわけだが、なぜかというとロレックスが何かを発表するとそれまでのモデルが旧型化し、希少性が高まり入手出来るかどうかという可能性...
デイトナ

ロレックスとポルシェの関係、共通点とは?・デイトナと911を比較する

ロレックスとポルシェはよく似ている。 何が似ているかというと、両者が持つブランドイメージである。 世間一般に高級腕時計といえばロレックス、高級車といえばポルシェが数ある車メーカーの中から挙げられると思う。 当然フェラーリやランボルギーニやマ...
オーデマピゲ

なぜロレックスやパテックフィリップ、オーデマピゲは旧型の人気が落ちないのか?

ロレックス市場が荒れている。 ロレックスの市場は常に荒れているのだが、2023年の新作として登場したデイトナのおかげで、旧型市場に変化がみられる。 通常、機械というものは新型が登場すると旧型の時代遅れはお払い箱になる。 なぜならムーアの法則...