ロレックス・WGデイトナ 旧型116519LN、新型126519LNとの価格比較・集中する腕時計投資

デイトナ

昨今の腕時計ブームは見ていて面白い。

僕自身が投資に参加しているわけではなく、外から値動きを見物しているだけなのだが、値段以上にあらゆる情報が汲み取れるのでデータ的ではあるがエンターテイメントの一種としてその生きた数字を楽しんでいる。

高級腕時計とSNSと投資・ロレックスやパテックフィリップ、オーデマピゲ
ロレックスのフラッグシップであるデイトナの値動きは本当にわからない。 基本的にジュエリーや貴金属の価格は素材とブランドに影響される。 ブランド力と素材の価値、そして素材の使用量、それに宣伝費云々がかかってくるわけだが、ロレックスに関してはそ...

こちらの記事でもお話ししているが、腕時計には投資という側面が色濃く反映されるようになってきた。

決まったブランド数種ではあるが、対象となったブランドには莫大資金が投入される。

ロレックス デイトナ投資・116500LNは白文字盤、黒文字盤どっちが人気?
数年前のロレックスのデイトナ人気を思い出す。 ロレックスはいつだって人気ではあるが、数年前のデイトナ300万円問題がなかなか懐かしい。 僕が勝手に300万円問題だと言っているだけなのだが、当時ロレックスのステンレスモデルのデイトナの人気がす...

腕時計投資に関した記事をいくつか書いているので詳細はそちらにて。

さて、そんな対象ブランドの一つが今回のテーマとなっているロレックスである。

デイトナに関してはもはや一昔前のパテックフィリップの価格になっており、このままいけば、、であるが、このままいけばその加速度的な人気と需要からパテックフィリップのノーチラスをデイトナが追い越してもなんら不思議ではないのである。

ノーチラスのゴールドブレスモデルはすでに5000万円に達しており、ロレックスのデイトナの2023年新作のホワイゴールドRef.126529LNもそれを追うように3000万円の値が付いている。

ロレックス デイトナ 126529LN 逆パンダダイヤル ホワイトゴールド・ルマン24の100周年アニバーサリー
最近のスイス時計は家が買えると話題である。 誰も話題にしてないかもしれないが、僕の中では話題なのだ。 全僕が泣いた。 そんな価格帯になっている。 一昔前、といっても10年15年そこらであるが、一周りの年月で桁が変わってしまうほどのインフレを...

当然元々そのような定価が設定されているわけではなく、例の如くその人気によってである。

デイトナの新型が発表されてから、ロレックス市場はまた違った色を見せはじめている。

バブルに次ぐバブルで、数年前のバブルがもはや定着しつつある。

10年前のロレックスの価格ではもうほとんどのモデルは買えないだろうところまで来た。

今日お話ししたいのは、新型WGデイトナ Ref.126519LNと、上記のルマン24の100周年を記念したデイトナRef.126519LNが2023年にそれぞれ登場したわけだが、それに伴う旧モデルとなる116519LNとの価格比較についてである。

旧型116519LN

端的にいうと、旧型モデルは600万円前後で購入可能だ。

一方、新型Ref.126519LNは700万円くらいであるから理屈にあった価格差なのではないかと思う。

しかしそのまた一方で、2023年に同じく登場した126519LNの価格であるが、先にお話ししたようになんと3000万円前後で取引されているわけであるから、この価格差は本当にオーマイガーなのである。

600万円、700万円が安く感じる価格差だ。

僕は正直もっとするのかと思っていた。

1000万円くらいはしてもおかしくないのかなと。

おそらく、おそらくではあるが、

まだ推測の範疇を出ないのではあるが、1000万円を超えることにはなる気がしている。

多少の波はあっても数年後には1000万円に到達しているだろういうことが予想される。

なんてたって、定価という元々の価格がスイスで値付けされるからである。

失われた30年を背負う日本の事情よりもまずはその出発点である現地の定価が存在して、そこにその国独自の人気という付加価値が覆ってくる。

ロレックスのような国際企業ではブランド価値というものはドメスティックなものに比べ指数関数的に高く評価されるものである。

触れる人口の桁が違うわけであるから、当然そのものにお金を払うという人数そのものもそうだが、それに投資できるお金を桁違いに持っている人も人口比に対して指数関数的になってくるのである。

そういったわけで今後はホワイトゴールドのデイトナは1000万円を下回る価格では販売されないと思われる。

4、5年はかかるかもしれないが、あくまでも僕個人の予想だ。

ロレックスは生産終了と同時にプレミアが付いて新型と遜色ない価格になる珍しい存在で、世界的にみてもこのようなプロダクトは腕時計業界や自動車業界のある一握りのブランドや車種を除いて存在しない。

人気が局所的に集中しまくるデイトナであるから、ゴールド素材のデイトナは逆に買いなのかもしれないと思っている。

ロレックス・新旧デイトナコンビを比較・126503、116503、今一番の掘り出し物のラグスポ
みなさんは、コンビモデルの腕時計がお好きだろうか? 僕はステンレスとイエローゴールドのコンビには目が無い。 特にロレックスのデイトナのコンビには痺れる感覚があって、この腕時計がそこはかとなく好きである。 最近はアップルウォッチなども流行って...
タイトルとURLをコピーしました