ロレックス・新旧デイトナコンビを比較・126503、116503、今一番の掘り出し物のラグスポ

デイトナ

みなさんは、コンビモデルの腕時計がお好きだろうか?

僕はステンレスとイエローゴールドのコンビには目が無い。

特にロレックスのデイトナのコンビには痺れる感覚があって、この腕時計がそこはかとなく好きである。

最近はアップルウォッチなども流行っていて、機械式時計は要らないよ、という人もたくさんいる。

デジタルで事足りてしまうから機械式時計などのバカ高い高級品の必要性を感じないということなのだろう。

その考え方も十分にわかる。

日々のコストは出来るだけ下げたいものである。

しかし、アップルウォッチ自体が高価であり、年々進化するアップルウォッチはiPhoneと連動して高くなっているようである。

アップルウォッチを持っていること自体が割とステータスになっており、今ではアップルウォッチをカッコよく見せるような、それ専用のケースやベルトが販売されていたりするのである。

デジタルであろうとやはりステータスとしての意味も十分に保有しているのがアップルウォッチなのだ。

そんなアップルウォッチをコンビベルトに交換している人を見かけたことがある。

やっぱりカッコいいんだこれが。

当然、素材はイエローゴールドではなかったが、あの配色はどうしてあんなにオシャレに見えるのか考えてもわからないのであるからして、もはや考えないことにしているのである。

ロレックス デイトナ コンビ Ref.126503

こちらのデイトナ、なんとも痺れっぱなしである。

2023年にあらゆる種類のデイトナが新作として発表され、ロレックスマニア、デイトナマニアを狂喜乱舞させたモデルが数多く発表されたわけだが、新たなコンビデイトナもさらなる需要が見込まれるだろう。

プラチナデイトナRef.126506やルマン24、100周年記念モデルのホワイトゴールドデイトナRef.126529LNに比べるとあまりショックは大きくないであろう程度の変化で新型へ移行したのだが、やはり新型はシャープになっていてめちゃカッコいい。

デイトナ コンビ 新型 Ref.126503

新型 ロレックス デイトナ ステンレススチール x イエローゴールド Ref.126503
新型 ロレックス デイトナ ステンレススチール x イエローゴールド Ref.126503の一覧と価格の詳しい情報はこちら>>

デイトナ コンビ 旧型 Ref.116503

旧型 ロレックス デイトナ ステンレススチール x イエローゴールド Ref.116503
旧型 ロレックス デイトナ ステンレススチール x イエローゴールド Ref.116503の一覧と価格の詳しい情報はこちら>>

何が新型と旧型とで違うのかというと、新型と比べるとインデックスが太く短いのである。

ロレックス・デイトナ 旧型116500LNと新型126500LNの違いとディスコン旧型の価格推移
SSデイトナ 新型 Ref.126500LNと旧型Ref.116500LNの違いとは? ロレックスは代々シリーズを固定化し、最新モデルもあまりモデルチェンジしないことで有名だ。 数年に一度ほど小さなマイナーチェンジを加え、さらに長いスパンで...

詳しい違いはこちでも紹介しているのでこちらを参考にしていだたけたらと思う。

旧型モデルと比較すると、お分かりのように断然新型の方がカッコいい。

ロレックス デイトナ 126529LN 逆パンダダイヤル ホワイトゴールド・ルマン24の100周年アニバーサリー
最近のスイス時計は家が買えると話題である。 誰も話題にしてないかもしれないが、僕の中では話題なのだ。 全僕が泣いた。 そんな価格帯になっている。 一昔前、といっても10年15年そこらであるが、一周りの年月で桁が変わってしまうほどのインフレを...

こちらではプラチナモデルの新旧の価格差、ホワイトゴールドモデルの定価や現在の価格、などについて言及しているのだが、

簡単に内容を説明すると、

プラチナモデルは新型も旧型も値段が変わらない、そしてホワイトゴールドモデルは740万円の定価が現在3000万円を超える売値になっているということ。

ホワイトゴールドモデルは旧型とは多少意味が変わるので比較はしてないが、以上なインフレを起こしている。

さて本題に入ろう。

プラチナデイトナは新旧で価格が変わらないのであるが、今テーマとなっているイエローゴールドとコンビモデルに関しては少々事情が違う。

2024年3月現在、新型Ref.126503と比較して、旧型Ref.116503の価格は100万円ほど安く販売されている。

もちろん大まかな差額であるし、お店によっても状態によっても変わってくるが、基本的にコンビの場合は旧型だからといってプレミア価格になって新型と値段を競ったりしないのである。

この傾向は昔からあった。

ステンレスのデイトナはめちゃ高い。

ゴールドのデイトナはそれより高い。

しかしコンビモデルは一番安い。

普通に考えて、ゴールド素材を使ってるんだから、ステンレスモデルより高額でないといけないはずだ。

昔はそうであったのだろうと思われるが、現在のステンレスモデルの人気は凄まじく、定価の何倍かわからないくらい価格が高騰している。

ゴールド素材のモデルは素材自体の高価さとステンレスモデルで牽引された人気と需要の底上げでゴールドモデルもかなり人気が出てきている。

数年前はゴールドモデルとステンレスモデルの価格差がほぼない状態になっていたこともある。

話を戻すと、イエローゴールドとステンレスを掛け合わせたデイトナは人気でいうと一番低いのである。

これだけカッコいいのにそのせい(おかげ)でより安く販売されているので、好みの人にとっては願ったり叶ったりなのである。

ただ、人気度でいうと少々劣ってしまうので、価値の上昇はより緩やかになるであろう。

今後なんらかの化学反応というかゲームチェンジというか、きっかけがない限り、コンビモデルは今のままデイトナの中では一番下のランクに位置するのではないかと思われる。

こんなにカッコいいのに。

それだけに今一番お買い得感があって、掘り出し物なのがコンビモデルであると言える。

タイトルとURLをコピーしました