高級腕時計とSNSと投資・ロレックスやパテックフィリップ、オーデマピゲ

オーデマピゲ

ロレックスのフラッグシップであるデイトナの値動きは本当にわからない。

基本的にジュエリーや貴金属の価格は素材とブランドに影響される。

ブランド力と素材の価値、そして素材の使用量、それに宣伝費云々がかかってくるわけだが、ロレックスに関してはそこに人気度という付加価値が追加される。

ブランド力と人気度というのは似ている。

しかし人気度はブランド力という括りの内外両方に存在し、内外の人気度というものが互いに作用し合うのである。

例えばあるモデルが超人気になったとする。

これはブランド力の外にある力が働いて、その人気がブランド力に波及し、ブランド全体の人気を底上げすることになる。

ブランド力の内部にある人気度が、展開される商品に過剰な人気を生み出しやすくなり、外向きにエネルギーが発せられる。

この相互に働く人気具合がバブルであり、投機的な意味を持つ存在になったりするのである。

ロレックスはもはや腕時計ではなく資産という位置付けであり、有価証券やゴールドなどの金融商品になっているのである。

冒頭での発言、値動きがわからない、というのも当然といえば当然なのである。

現代のロレックスは20年前のロレックスではないのだ。

当時からそのような気配は見せていたが、燻っていたロレックスの真価が爆発的に発揮されるようになった大きな理由の一つにSNSが挙げられるのである。

SNSの目的は主に、見せることと、共有することであり、見せることは魅せることと言い換えることができる。

魅せる目的というのはやはり承認欲求なのである。

ロレックスの価値がそのまま所有者の価値と直結し、高い尊敬や憧れを集めることが出来るのも事実だ。

人間には生きるための欲が4つあり、その4つというのは

食欲、性欲、睡眠欲、そして承認欲や名誉欲、

である。

ロレックスやその他の高級時計があまりにも高額で取引されている背景にSNSの存在は欠かせないだろう。

SNSは消費行動を大きく変え、世の中の購買行動の大きな原動力となっている。

ロレックスはそのエネルギーのベクトルが大きく向いた最たるブランドであり、それだけ元々にあった価値が真っ当に評価されている現れなのではないかと思われる。

僕はそういった承認欲求や名誉欲に関して全く否定するつもりはない。

人間誰しもそういった欲を持っており、その方向性が人によって違うだけだからだ。

車であったり、時計であったり、ファッションであったり、昇進であったり、起業であったり、美であったり、さまざまだ。

さて、

パテックフィリップやオーデマピゲ、そしてロレックス、腕時計ブランドの中で大きく価値をあげているメーカーは元々の時計としての価値が高い存在で、SNSで視覚化された人気度合いがさらにその人気に拍車をかけた結果、投資という側面が主の顔になりつつあるのである。

あらゆる世界情勢や経済情勢の変化によって、人々が真っ先に考えるようになったのがお金の存在であり、根源的な意味でいうところの自己防衛と直結するようになった。

その結果の一つとして頭が良く、経済的にも優位に立つ立場の人たちが真っ先に腕時計に投資していったのである。

実際のロレックスをはじめ、パテックフィリップやオーデマピゲの値動きを見るのは面白い。

腕時計が好きだからという理由もあるが、僕は腕時計が投資対象になっているという、過去には無かった購買行動(あっても今よりもだいぶ潜在的であった)がどういった未来を迎えるのかに興味がある。

モデルにもよるが、このまま高騰し続け、フェラーリやランボルギーニの価格を超えるのか、それまでにバブルが崩壊するのか、全くもって予想がつかない。

腕時計、ミクロ的な観点での存在そのものとしても、マクロ的な視点から見た経済を動かす一ツールとしても、とても面白い存在である。

タイトルとURLをコピーしました