世界五大時計ブランドのラグジュアリースポーツ人気を分析する

A.ランゲ&ゾーネ

世界のラグジュアリースポーツのデカイ潮流の勢いはまだまだ止む気配がありません。

ラグジュアリーでありスポーツ、アクティブでありながらクラシックであるという、コンセプトのハイブリッド化が世界のあらゆる製品の流行を生み出しています。

腕時計は後でお話しするとして、

車の世界でもファッションの世界でもこれまでのものをよりラグジュアリー方向に持っていき、それをスポーティに再現する、という試みがなされています。

そしてそれが大成功している。

欧州の高級車メーカーはこぞってSUVなるものを生み出しているし、あのロールスロイスやベントレー、そしてフェラーリやランボルギーニですら普通に多用途ビークルなるものを世界中で販売しドル箱モデルとしてラグジュアリースポーツ人気を享受している。

ポルシェがカイエンを生み出した時の衝撃もそうですが、やはり時代の流れに乗らねばこういったメーカーは生き残れないのでしょうか。

ファッションに関してもノースフェイスなどのキャンプやアウトドアを専門としていたメーカーが若者のファッション界に登場し、学生などのノースフェイスなどのアウトドアブランドリュックサックの使用率を見ても昨今のスポーティ人気を確認することが出来る。

いやはや世の中の流れの早いこと、そして風変わりなこと、なかなか目を見張るものがある。

さて、車とファッションとくれば腕時計も例外ではない。

むしろ腕時計界でこそそのラグジュアリースポーツ侵食が激しいと言え、世界三大時計ブランドのパテックフィリップ、オーデマピゲ、ヴァシュロンコンスタンタンの根幹となる販売モデルはまさにそのラグジュアリースポーツモデルたちで占められている。

ノーチラス、ロイヤルオーク、オーヴァーシーズ、これらの人気は本当にすごい。

ヴァシュロンに限っては少々人気が劣っているので残りの2モデルに比べお買い得感があるわけですが。

世界五台時計ブランドをご存知だろうか?

上記の3つに加え、ブレゲとA.ランゲ&ゾーネを加えたものが世界を代表する5つの時計ブランドだ。

ブレゲにもマリンという海用のスポーティなモデルがあるし、1950年から続くタイプXXと呼ばれるスポーツウォッチが2018年に一旦終了したのち2023年に再登場したのも昨今のラグジュアリースポーツの流れから外れる損失を省みた結果なのだと思える。

クラシックな高級モデルのみを製造していたA.ランゲ&ゾーネも2019年にオデュッセウスという新たな六番目のシリーズを発表しラグジュアリースポーツ界に挑戦状を叩きつけた形となった。

ステンレス製の腕時計をほとんど作ったことがない同社が”通常モデルはステンレス素材”というラグジュアリースポーツの暗黙の了解を採用しているのも、それだけこの流れが大きなものであるという表れなのである。

ちなみにオデュッセウスの価格帯は1000万円近い。

“通常モデル”であってもだ。

ブランド力としては確かにこのくらいの価格で取引されるのは普通なのかもしれないが、10年20年の単位で見ると今の腕時計バブルはかなり異常なものに映るに違いないだろう。

ゼニス・カッコ良すぎるデファイ vs クロノマスター・ツートップ戦略とジャンクロードビバー氏の手腕
現代の美しいラグスポ、デファイ このブログでも何度もラグジュアリースポーツモデルに関してお話しているが、話しても話しすぎるということはない。 なんてたって、ラグジュアリースポーツの世界は深く広いからだ。 その広さというのは、幅広いブランドで...

こちらでも少し触れているが、ゼニスのデファイもまたこれまでのものとはまるで違ったタイプの腕時計にモデルチェンジし、ラグジュアリースポーツの仲間入りを果たしている。

このように世界五大時計ブランドや有名ブランドの流れを見てみると、上述した高級車メーカーのそれと大きな共通項があることが見て取れると思う。

1970年代に誕生したオーデマピゲのロイヤルオークとパテックフィリップのノーチラスは他メーカーに先駆けて割と早くからSUV進出していたポルシェのカイエンのようだし、ようやく重い腰をあげたロールスロイスのカリナンはA.ランゲ&ゾーネのオデュッセウスのようだ。

あらゆる理由で時計ブランド、車メーカーが消えていった背景を考えると、

やはり人気車種を作らないと生き残れないという考えと、伝統を崩したくないという想いが交錯していたのだろうと想像できる。

背に腹は変えられないのだ。

というわけで、高級スイスメーカーのラグジュアリースポーツモデルについてざっくりとお話しさせていただいたわけですが、今後もこのラグジュアリーでありながら…というのはしばらくは続いていくのだろうと思う。

またあらゆるラグジュアリーモデルについて解説していくつもりだ。

パテックフィリップのノーチラスはどうしてこんなに高いのか?・5711/1Aの今後と腕時計投資
どうしてノーチラスの価格はこんなにも高騰しているのか? パテックフィリップの腕時計はもはやこれまでの常識では考えられないくらい高額になっている。 イメージとして、 家 > 車 > 時計 という順序で値段は小さくなっていくイメージである。 こ...
タイトルとURLをコピーしました