ヴァシュロンコンスタンタンのオーヴァーシーズがかなり割安・今一番狙い目なラグジュアリースポーツ

ヴァシュロンコンスタンタン

最近の一番人気の腕時計はノーチラスかデイトナか、といったところだろうか。

世界五大時計ブランドのラグジュアリースポーツ人気を分析する
世界のラグジュアリースポーツのデカイ潮流の勢いはまだまだ止む気配がありません。 ラグジュアリーでありスポーツ、アクティブでありながらクラシックであるという、コンセプトのハイブリッド化が世界のあらゆる製品の流行を生み出しています。 腕時計は後...

ここ数年のノーチラスとデイトナの値上がりの仕方は異常で、もはやほとんどの人の手の届かない腕時計となってしまっている。

ノーチラスのステンレスモデルはすでに2000万円を超えており、安いモデルでも1000万円はする価格帯になっている。

デイトナのステンレスモデルはまだそこまでの上昇は見せていないが、ベース価格の定価からすればノーチラスと同じような倍率にはなっている。

100万円台で買えていたデイトナが今では400万円を優に超える存在になっている。

エバーローズゴールドやイエローゴールド、ホワイトゴールドなどの金素材であれば1000万円を超え、ポルシェが買えていた価格にまで高騰している。

ポルシェの911も価格が上昇しているのですが、デイトナとの差は縮まる一方だ。

ロイヤルオークはどうか?

ロイヤルオークもノーチラスより割安感があるし、ブランドの位置付けとしてロレックスの上位にいる同モデルは今ではデイトナと同じような価格帯で落ち着いている。

底力としてはやはりデイトナよりも強く、数ある種類の中でもスタンダードモデルではデイトナの何割か増しの価格で取引されている。

これがオーデマピゲの力か、と言える一方、世界五大時計ブランドにも入っていないロレックスの状況からすると、凄まじい人気を誇る時計メーカーに成長している感じだ。

さて、そんなわけで前置きが長くなってしまったが、言いたいことというのはラグジュアリースポーツは高くなりすぎてしまっているため、諦めなければならないのかという点において解決策を見出そうということだ。

タイトルにもなっている通り、どうしても高級ブランドのラグジュアリースポーツが欲しいという場合は、ヴァシュロンコンスタンタンのオーヴァーシーズがおすすめだということだ。

先ほども述べたようにロレックスのデイトナはとてつもない人気から今のような価格にまでなっている。

ノーチラスやロイヤルオークもデイトナほどの熱狂ぶりはないが歴史という点でかなりのインセンティブを得ている。

もちろん中身も作り込みも技術力も半端ではないのだが。

しかしヴァシュロンコンスタンタンに限っては少々出遅れている感じが否めない。

上記の3ブランドに比べるとやはり少し人気が劣る。

確かに世界三大時計ブランドに名を連ねるほどの歴史と技術力(ヴァシュロンのオリジナルコンプリケーションなどの複雑性はもはや宇宙を思わせる)を誇る同ブランドだが、ラグジュアリースポーツに限っては少し競争力を失っている感覚がある。

デザインや精度や価値やブランド、どれをとっても引けを取らないばかりか全てが一級であるのにどういうわけか比較すると他メーカーに対して割安になっている。

これは逆にいうとチャンスと捉えるべきなのではないだろうか。

ヴァシュロンコンスタンタンもオーヴァーシーズのスタンダードデイトモデルにあらゆるバリエーションを用意しているが、37ミリのメンズ自動巻きモデルでも安いものは150万円以下で買えてしまう。

もちろん状態にもよるだろうが、ノーチラスやロイヤルオークの37mmにはまずこの値段で買えるモデルは一つもない。

せいぜいクオーツが入ったモデルか35mmのモデル、それかレディースモデルのみであろう。

ちなみに2024年現在、37mmのロイヤルオークは400万円,500万円ほどである。

それほどオーヴァーシーズがお買い得になっているのである。

ヴァシュロンコンスタンタン オーバーシーズ クロノグラフ
ヴァシュロンコンスタンタン オーバーシーズ クロノグラフの一覧と価格の詳しい情報はこちら>>

もう少し予算を投入して、200万円台-300万円まで見れるのならば、かなり状態の良いデイトモデルや、クロノグラフが選べてしまう。

300万円台-400万円に予算を増やせるのなら、もう選び放題だ。

なんならゴールドのブレスレットモデルも範疇に入る。

ロイヤルオークやデイトナならまずあり得ない。

400万円まで範囲を広げてはいるが、実際は350万円以下でこのような選択肢のパラダイスが味わえるというのである。

オンラインショップならではの価格競争という特権を享受できる現代のインターネット社会に感謝しなければならないだろう。

さて、ここでオーヴァーシーズがどれだけ美しいのかというのを観てもらえたらと思う。

ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ ブルーダイヤル
ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ ブルーダイヤルの一覧と価格の詳しい情報はこちら>>

僕がノーチラスやロイヤルオークでおすすめするのはいつもブルーダイヤルのモデルである。

ブルーダイヤルはラグジュアリースポーツのとりわけステンレスブレスの腕時計では一番人気の文字盤色だ。

A.ランゲ&ゾーネ・オデュッセウスというかっこいい新たな選択肢と定価
世の中の腕時計で一番高額の部類に入るカテゴリといえばラグジュアリースポーツというスポーツウォッチだ。 単なるスポーツウォッチではない。 高級感をこれでもかとブレンドしているのがその特徴で(高級メーカーによって丁寧に作り出されるので高級感が出...

前回投稿したA.ランゲ&ゾーネのオデュッセウスもブルーダイヤルを採用したものを標準モデルとしている。

ノーチラスの5711もロイヤルオークのエクストラシンも一番人気はブルーダイヤルで、価格が全く変わってくる。

パテックフィリップのノーチラスはどうしてこんなに高いのか?・5711/1Aの今後と腕時計投資
どうしてノーチラスの価格はこんなにも高騰しているのか? パテックフィリップの腕時計はもはやこれまでの常識では考えられないくらい高額になっている。 イメージとして、 家 > 車 > 時計 という順序で値段は小さくなっていくイメージである。 こ...

であるからして、当然のようにオーヴァーシーズのデイト、ブルーダイヤルモデルは少々高額で、400万円を若干超えてしまう値段になってしまうのだ。

だがしかし、ノーチラスやロイヤルオークでこの価格帯は考えられない。

ロイヤルオークで700万円、ノーチラスに限っては1500万円を超える。

どうして同じ三大時計ブランドであるにもかかわらずこうまで価格差がついているのか正直わからないが、人気度の違いとしか説明がつかないのである。

ノーチラスに限っては確かに生産終了したというプレミア感でこの価格になっているわけだが、ロイヤルオークで700ということを考えるとオーヴァーシーズが割安株のように感じられる。

どうしても世界三大時計ブランド、もしくは名だたるラグジュアリースポーツ、もしくはそれらの要素を掛け合わせたモデルが欲しいのであれば、ヴァシュロンコンスタンタンのオーヴァーシーズを検討するのもありよりのありだろう。

ヴァシュロンコンスタンタン オーバーシーズ クロノグラフ
ヴァシュロンコンスタンタン オーバーシーズ クロノグラフの一覧と価格の詳しい情報はこちら>>
ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ ブルーダイヤル
ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ ブルーダイヤルの一覧と価格の詳しい情報はこちら>>
タイトルとURLをコピーしました