ベル&ロス 2024年新作、銅製(ブロンズ)ダイバーズ・BR03-92 ダイバーブラック&グリーン

ベル&ロス

数年前はSIHHやバーゼルワールドなどの時計見本市が中止されるという自体に見舞われ、多くの時計ファンを混乱させ、そして非常に悲しい状況に追い込んでしまったということがありました。

見本市なしでの新作発表というものは味気ないものですが、腕時計の進化は何があっても止まらない。

何せ腕時計自体が時を刻むものであるから、時が止まり退化していくなんてことは腕時計界には御法度であるのだ。

僕がしばらく時計を忘れていた間にSIHHはWatches & Wonders Genevaという名称に変更されていたようだ。

それに伴い、というのかバーゼルワールド自体も消滅し、腕時計の見本市は実質統合された形となっている。

さて、そんな中で本ブログのテーマとなっているベル&ロスも当然2024年の新作モデルを発表したわけである。

こちらのモデル。

Ref.BR0392-D-LT-BR/SRB

というリファレンスコードを与えられた1本で、コード名が示す通りブロンズ製、つまり銅を使用した腕時計ということである。

銅を腕時計に使用するのが、スイスの時計界でにわかに流行していて、パネライもまたブロンズ製のルミノールサブマーシブルを発表していたりする。

ベル&ロスは実は過去にBR0392というモデルを実は発表している。

当然ブロンズ製の一本であり、今モデルと比べ一見なんの変哲もないように見えるのだが、大きく違うのはベゼルである。

比べてみると印象が大きく異なる。

ブロンズとオリーブ色のようなツートン的な旧作に比べ、3色展開されたよりメリハリがわかるのが新作モデルである。

陽極酸化処理アルミニウムベゼルといったなかなかにパワーワードが与えられたベゼルが搭載されており、ダイバーズウォッチとして本格使用が許されたモデルなのである。

実際このモデルはプロのダイバーが使うことも想定して作られており、防水性は300メートルというなかなかに高いスペックを誇っている。

昨今の腕時計でいうと300メートルの防水性というのは珍しいことではないのかもしれない。

しかしこれくらいの防水性が保証されているということは、それ以下の水圧がかかる状況でもタフな使い方も想定内ということであり、ユーザーからすれば安心材料である。

300メートル潜る人なんてほぼいないだろうが、我々人間は保健的な意味合いがすごく好きなのだ。

ケースサイズは42ミリとなかなかに大きい。

それでいて四角いケースであるからそれは余計にそう感じるのではなかろうか。

近年の腕時計の巨大化の流行にあった存在感のある新作モデルだ。

因みに世界限定999本という数に限りがあるモデルで、定価は税込74万8000円という値付けだ。

タイトルとURLをコピーしました