ロイヤルオークのスモークブルーダイヤル・H.モーザーには煙たい存在なのでは?

オーデマピゲ

一時期とてつもなくオーデマピゲのロイヤルオークが欲しい時期があった。

もう5、6年前のことになるだろうか。

寝ても覚めてもロイヤルオークのことばかり考えていて、、、

というのは嘘ですが、ただすごく欲しいなと思っていたのは事実。

僕が欲しかったのはもう本当に普通のやつ。

37mmか39mmの白文字盤の何の機能もついていない普通のステンレスのモデル。

とにかくそれが一番かっこいいと思っていたし、今でもロイヤルオークは白文字盤の普通の

39mm : 15300ST.OO.1220ST.01

37mm : 15450ST.OO.1256ST.01

だったと思う。

腕時計に限っては極シンプルなオーソドックスなモデルで、それが最高級に仕上げられているものが好きで、余計なものを排除した引き算的なスタイルがそこはかとくなく好きなのだ。

だから基本はドレスウォッチの方が好きだったわけだが、ラグジュアリースポーツに関しては、僕が腕時計に求める部分を大いにカバーしているということもあってノーチラスやロイヤルオークにはガツンとやられてしまった部分があるわけだ。

今回僕がお話ししたいのはロイヤルオークなのではあるが、実は僕がこよなく愛した白文字盤のモデルのことではない。

青文字盤のラグジュアリースポーツ人気(投資)とプリングルスのサワークリームオニオン
青が好きな人は結構多いと思う。 昨今の腕時計ブームを追うと、青が腕時計に使われているモデルがあらゆるブランドに存在している確率は結構高く、赤や黄色が使用されているよりも存在率、存在数、共に多いのである。 こちらでも紹介しているラグジュアリー...

この投稿で青い文字盤が如何に世界のラグジュアリースポーツの人気と価格高騰を牽引しているかということを書いているのだが、今回もその話の続きというか、スピンオフ的な形で身勝手に語っていこうと思っている。

要するに青い文字盤がかっこいいということだ。

ブルーダイヤルの腕時計はまだまだ一般的ではなく、青い文字盤であることがなかなかスペシャルな感じに見て取れるくらい、ちょうど良いバランスで世に散らばっている感じがする。

青い文字盤のゴージャスなシルバーケース&ブレスレットというだけで、

「あ、良い時計なんだな」

と瞬時に認知できる感覚だ。

そこに近年登場したのがこのスモークブルーの1本というわけだ。

コバルトブルー的なちょっと濃いめなブルーダイヤルがこれまでは青文字盤ロイヤルオークの主流だった。

だがしかし、これからはスモーキーな、ちょっとグラデーションが効いた渋いブルーダイヤルが幅を利かせてくるのではないかと思う。

新しい文字盤色を投入するのではなく、青系文字盤に若干のアレンジを加えるというメスの入れ具合には、何やらマーケティング的な戦略があることを感じさせる。

リスクを取って何かを大きく変えるのではなく、確かなものを残しながら新しい風を取り込むという姿勢はなかなか賢いやり方だと思ったわけだ。

中央に向かって徐々に明るさを増していくグラデーション加工が施されており、逆向きに表現するならば外周に向かってディープブルーにスモークしていく感じだ。

このダイヤル、どこかのメーカーの腕時計に似てはいないだろうか?

そう、H.モーザーという魔力を放っているかのような腕時計を生み出す不思議な時計ブランドのあのフュメダイヤルだ。

煙が空気中に拡散されている様子からヒントを得て文字盤にデザインされるようになったという所以があるわけだが、今テーマとなっているスモークドブルーという名のダイヤルも『煙』がやはりキーワードとなっているわけである。

ロイヤルオークという鬼にスモークブルーのグラデーションダイヤルという金棒が加わった形だ。

スモークダイヤルのパイオニアであるH.モーザーからすればオーデマピゲはまさに煙たいやつに違いない。

さて、

青い文字盤の腕時計がバブルを起こしているとお話したばかりだが、もしこのブルーダイヤルがエクストラシンジャンボなどで採用されるとなるとさらなるバブリーな自体が起こる可能性があるのではないだろうか。

通常のブルーダイヤルですら既に1500万円を超える自体となっており、ステンレス素材でここまで値段が高騰するとなると、将来的にはデイトナのポールニューマンのようなことにもなりかねないのではないかと思えてくる。

先が見通せない時計業界のバブルはまさにスモークがかかっているようだ。

タイトルとURLをコピーしました