すごく評価の高いブルガリのオクトとオクトローマを100万円以下という格安で選ぶ

オクト

コスパ最高のオクト&オクトローマ

腕時計が欲しい、だけどやっぱり注目されたり、容貌の眼差しで見られたい。

そんな風に思うのは普通だろう。

そもそも機械式時計を購入すること自体が、相当な機械マニアで収集癖があったり、投資目的で購入しているというものでない限り、

一本数千円で購入出来る時代にわざわざ数十万円、または数百万円出して購入しようなんて思わないのである。

となると腕時計を購入する理由は何か?

それはやっぱり『こんな風に見られたい』、という欲なのである。

それは何も悪いことではない。

人は欲があるから頑張れるのであり、欲があるから生きていられるのだ。

カッコよく見られたいという欲は他人に迷惑をかける行為でもなんでもないので、実際可愛い部類の欲なのである。

スイスの高級腕時計ブランドをクオーツ&電池式でチョイスする
機械式腕時計を買う目的はなんでしょうか? 腕時計に内蔵されている機械が好きだから? かっこいい腕時計を愛でたいから? しかし本音を言うと、投資という買い方もあるが、腕時計や車に大金を注ぎ込むというのは多くの場合、自尊心やエゴを満たすためであ...

こちらの記事はその欲を満たすためにお勧めしたい安価な腕時計というテーマで書かせていただいてるが、今回のコンセプトも基本的には同じである。

タイトルでもお分かりのように、今回お勧めしたいのは破壊力のあるブランドであるにも関わらず、相当にコスパが良い腕時計のあるシリーズについてお話ししたい。

オクトローマ

こちらのシリーズ。

いかがだろうか? めちゃくちゃカッコいいスタイルに仕上がっていると言えないだろうか。

ブルガリのオクト ローマと名付けられたシリーズで、オクトを最分化し通常モデルに比べてシャープでケースに若干丸みを帯びているのがローマなのだ。

価格帯はなんと100万円あれば優に買えるという良心的すぎる値段が設定してあり、オンラインなら状態の良い中古モデルでも50万円台で買えてしまうわけだ。

通常のこの手のステンレスウォッチ、いわゆるラグジュアリースポーツと呼ばれる部類の腕時計は100万円は超えてしまう。

最近はピアジェのポロなども100万円を超えてきており、なかなかに簡単に手が出せない腕時計となりつつある中で、ブルガリのオクトにはまだコスパというありがたい味方が残されている。

一般的なサラリーマンでも割と手が出しやすい価格帯に収まっているわけである。

さらにこのシリーズの嬉しいところは、なんと言ってもブルガリであるという点ではないだろうか?

ブルガリの知名度はもはやロレックスと同等で、オーデマピゲやパテックフィリップ、ヴァシュロンコンスタンタン、ウブロ、IWCなどなど、時計界のスーパースターたちを凌ぐネームブランドを持っている点だろう。

女性ウケはかなり良いに違いない。

まず前提として名前が認知されている。

そしてその名前が非常に良いイメージを植え付けている。

実際ブルガリといえばかなり良いイメージがあって、ジュエリーとしても女性の垂涎の的である。

ブルガリ オクトを愛用する芸能人・山下智久、渡辺謙、横浜流星、玉森裕太、山田涼介
近年吹くラグジュアリースポーツの人気の風、いや台風のような大きな風がずっと吹きすさぶ感じであるが、そのラグジュアリースポーツの中にちょっとした新たな風を巻き起こしているのがブルガリのオクトなのである。 というのもブルガリのオクトのデザイン性...
ブルガリのアンバサダーとオクト愛用の芸能人・MIYAVI、山下智久、安達祐人、三浦翔平、中村倫也、他
ブルガリの男性アンバサダーは誰? ブルガリと言えばかなり高貴なイメージであるが、実際高貴なブランドである。 イタリアを代表するジュエリーブランドであるが、近年は腕時計としてのブルガリも相当に価値が高く、デザイン面のみならず機械的な面のブルガ...

そんなブルガリの腕時計をしている男性がいれば、女性はさりげなくどんな腕時計をしているか確認する癖があるので、大いに株を上げることになるに違いない。

実際ブルガリのオクトローマはめちゃくちゃカッコいいし、どうしてここまで華やかな雰囲気を放っているかというと、ジェラルドジェンタがデザインした腕時計がベースとなっているからである。

ジェラルドジェンタがデザインした腕時計には、ご存知の通り、パテックフィリップのノーチラス、オーデマピゲのロイヤルオーク、IWCのインヂュニア、オメガのコンステレーション、などなど、彼がデザインした腕時計は全て人気シリーズとなってしまい、その多くはブランドにもよるが高くて購入出来ないほど人気が出ていくのである。

その最たるものがノーチラスでありロイヤルオークである。

以下でお話しするが、ブルガリのオクトシリーズもそのようになるのではないかと十分に考えられる。

腕時計としても高いブランド力を持っているブルガリはカルティエと並ぶ良質なハイブランド兼腕時計ブランドとして、スイスのメゾンを相手に素晴らしい戦いを繰り広げていると言える。

ブルガリ オクト ローマ ブルーダイヤル Ref.OC41C3SSD
ブルガリ オクト ローマ ブルーダイヤル Ref.OC41C3SSDの一覧と価格の詳しい情報はこちら>>

オクト

さて、オクトローマに続いて、オクトという選択肢はどうだろう。

正直僕はカルティエのサントス同様、ブルガリのオクトという選択肢はかなりお勧めなんじゃないかと思っている。

昨今のラグジュアリーな腕時計人気を追っていると、価格が一番のネックになってくるというのが最大のマイナスポイントであり、所有するハードルが高い分得た喜びも大きいだろうし周りとの差をつけられるという面で言えばすごく良いのかもしれない。

しかし一般的な所得では今のスイス時計たちは高すぎるわけで、ちょっとした車並み、いや、車以上にするモデルが当然のように存在するようになってきた。

都会に住んでいて、車はいらないという人たちでも移動にお金はかかるだろうし、車を持たないにしろ月々にかかる移動費は車分くらいは必要なのである。

上記のオクトローマであるが、

ブルガリであるにも関わらずこの価格帯で手に入れられるのは非常に嬉しいが、今後は値上がりする一方だろう。

オクトローマの良さはオクトに比べ丸みがあってちょうど良いフェミニンさを纏いながらも、男のラグジュアリーウォッチといった今風な中性的で美しいアプローチを取っているという面にあるわけだが、オクトというシリーズ自体が相当に存在感を放っていてそのベースとなっているモデルについてお話しする。

こちらがブルガリのオクト。

ローマに比べると男らしいスタイルである。

評価や評判も良い。

今のラグジュアリースポーツデザインの生みの親であるジェラルドジェンタ氏がデザインしたものであるとはっきりわかるスタイルだ。

ケースからブレスレットまでの流れができていて、基本的にラグがなく多角形をケース全体に採用しているのが彼の作品である。

このモデルはケースからブレスまで直線的曲線的な一本の流れができているわけではないが、全体としてテーパードしているところがジェラルドジェンタ氏らしいスタイルである。

1970年代にブルガリの腕時計ラインはスタートした。

70年代といえば彼の全盛期で、オーデマピゲのロイヤルオークを1972年に、パテックフィリップのノーチラスを1976年にデザインし、あらゆるラグジュアリーウォッチの天才デザイナーとして名を残し、時計界のレジェンドとして歴史に名を刻むことになった。

ジェラルドジェンタ氏は自身の時計ブランドを立ち上げてはいたのだが、2000年になってブルガリの傘下に入ることになる。

2004年にブルガリからジェラルドジェンタコレクションとなるシリーズが発表され、2012年にブルガリのオクトは誕生した。

オクトのベースとなっているのはジェラルドジェンタコレクションである。

2012年と言えばちょうどロイヤルオークの40周年モデルとしてロイヤルオークエクストラシンが登場した年であり、ジェラルドジェンタ氏にとっても意味の深い年である。

だがしかし、ジェラルドジェンタ氏はその前年2011年に亡くなっており、両モデルの発表を目にすることはなかった。

さて、そんな天才であるレジェンドである彼が残した遺産的名作、ブルガリのオクト、確かにゴールド素材のものやフィニッシモと呼ばれる非常に薄型であるモデルなどは高額である。

しかし一般的なステンレスモデルであれば100万円以下で買えてしまうという価格破壊を起こしているのではないかという値付けがされている。

コンビモデルでもクロノグラフでも100万円ギリギリのラインで買えてしまうという、ちょっと笑いが出るくらいお買い得だったりする。

ハイブランドの腕時計はちょっと価値的なものが、、、と思われる場合がある。

しかしカルティエ、ピアジェ、ルイヴィトン、そしてブルガリに限ってはスイスメーカーと同等の価値を腕時計に見出して良いと言える。

なぜなら外見だけを良くしてあとは電池でポン、みたい作りではなく、しっかりとムーブメントから何からマニュファクチュール化しているからだ。

上記の4ブランドは自社で一貫してムーブメントから何から製造しているスイスの時計メーカーと同じ工程を辿っており技術力ははっきりいって遜色ない。

スイスの時計メーカーでさえ自社製造していないメーカーもあったりする。

その中でブルガリやピアジェなどは薄い腕時計を生み出せるものすごい技術力を要しており、オクトフィニッシモウルトラという腕時計は厚さ1.8mmという薄さを実現している。

世界最薄腕時計対決・ブルガリ オクトフィニッシモ vs リシャールミル RM UP01・スーツに良さそうだけど..
薄い時計の魅力 薄型腕時計の良さはいくつかある。 まず薄型が好きだという点で薄型ウォッチは所有欲を持たせてくれる。 小さいものが好き、薄いものが好き、丸いものが好き、角張っててエッジが効いたものが好きといった嗜好は人間それぞれにある。 例え...

ピアジェに関してもそうだ。

基本的に時計が薄く、スーツ向きな腕時計だと言える。

スーツに似合う腕時計は存在しない・あるのはピアジェという選択肢・アルティプラノ、ポロ
スーツに似合う時計とはどんなものなのか? 僕は正直スーツに似合う似合わないというような腕時計は存在しないと思っている。 なぜならどんな腕時計もスーツにそれなりに似合ってしまうからだ。 例えばロイヤルオークの37ミリ、39ミリ、どちらでも構わ...

まとめ

さてそんなわけであるからして、ブルガリのオクトローマもそうであるが、オクトも価格帯が気になる人にとっては最高にコスパの高い魅せモテウォッチの選択肢としなる。

個人的にかなりお勧めしたいシリーズである。

ゴールドが差し色(素材として使用されている)で使用されているコンビモデルが個人的には好きなのだが、そういった金を混ぜたようなモデルでも破格の値段で買えるのは本当に励みになると思う。

ブレスレットタイプかストラップタイプかでゴールドの使用量が違うので値段は若干上下するのだが、それでもブレスタイプはお勧めである。

これほどまでのブランド力がありながら、コンビモデルが100万円以下で買えるラグジュアリースポーツは他に存在しないのではなかろうか。

ブルガリ オクト ソロテンポ コンビ Ref.BGO38WSPGD
ブルガリ オクト ソロテンポ コンビ Ref.BGO38WSPGDの一覧と価格の詳しい情報はこちら>>
ブルガリ オクト ソロテンポ Ref.BGO38BSSD
ブルガリ オクト ソロテンポ Ref.BGO38BSSDの一覧と価格の詳しい情報はこちら>>
ブルガリ オクト ヴェロチッシモ クロノグラフ Ref.BGO41BSLDCH
ブルガリ オクト ヴェロチッシモ クロノグラフ Ref.BGO41BSLDCHの一覧と価格の詳しい情報はこちら>>
タイトルとURLをコピーしました