ルミキシルペプチド

  • ルミキシルペプチド
  • ハイドロキノン
  • 安全性

Lumixyl Peptideを超えた “ルミキシルペプチド”

ルミキシルのチロシナーゼ抑制効果

チロシナーゼ抑制効果86%

皮膚のメラニン生成を引き起こす酵素であるチロシナーゼの阻害効果において、ルミキシルペプチドは86%の抑制効果が確認されました。同量のハイドロキノンのチロシナーゼ抑制効果と比較すると、17倍も有効的にチロシナーゼを阻害していることになります。

メラニン抑制効果の比較

メラニン抑制効果40%

メラニン抑制効果においても、ハイドロキノンがわずか6%しか抑制できていないのに対し、ルミキシルペプチドは40%もの抑制効果が確認されています。

ハイドロキノン

ハイドロキノンの副作用

美白成分として注目を浴びているハイドロキノン。肌にできてしまったシミの原因物質、メラニン色素の生成を抑えてくれます。お肌のシミなどはメラニン色素が原因ですが、そのメラニンを抑制する効果があります。しかし濃度が高すぎると白斑(白いはんてん)ができたり、肌のかぶれ・赤み・ひりひりがでたり、アレルギー症状が出ます。また、長期使用により皮膚が薄くなる場合もあれば、皮膚の完全性が損われる場合もあります。このため、これらの強力な物質の投与は短期間でしか処方できないというデメリットがあります。

安全性

全ての肌質に安全

ルミキシルペプチドは一連の天然由来のアミノ酸から成り、構造はタンパク質と全く同一なため体に取り入れても安全です。ルミキシルペプチドは10種類のアミノ酸から成る合成ペプチドになります。水溶性であるため、重質油、アルコール、またはその他の溶剤を用いて調製する必要がなく、優れた非刺激性の特性により微量で処方することができます。非毒性で細胞レベルに働きかけ、メラニン生成を均一に抑えるため、全ての肌質に安心して使うことができ、調和した均一な外観が長期的に得られます。