ロレックス・2024年新作予想(願望)、デイトナ編・発表はいつどこで?

デイトナ

ロレックスの新作発表が非常に待ち遠しい。

2024年の新作発表はいつどこで行われるのだろうか?

2024年の新作発表会は

Watches & Wonders Geneva 2024

で行われます。

場所はスイスのジュネーブ、日程は下記の通り。

2024年4月9日(火)~15日(月)

うむ、待ち遠しい。

というわけで、今回はおそらく外れるであろう2024年、ロレックスのデイトナを予想しようと思っている。

というかただの願望かもしれない。

その前に一度2023年に発表された新型のデイトナの総まとめをしているので、まだ全ての新しいデイトナを把握していない方はまずそちらを見ていただいたい。

2023年に登場した新型デイトナ10種類、総まとめ
さて、ロレックスのデイトナが2023年にごっそりと入れ替わったわけであるが、今回はそのまとめをしていこうと思う。 というのも大袈裟なことではなく、どのモデルがどのようになったかという簡単な説明である。 そもそもどうしてロレックスはデイトナを...

数でいうと、9種類のデイトナが刷新され、1種類のデイトナがアニヴァーサリーモデルとして新たにカタログに追加された。

そこで僕が願望として2024年に発表して欲しいと思った新しいデイトナは、ステンレススチールモデルである。

リファレンスを与えるなら、Ref.126500であろうか。

予想/願望1. デイトナ SS Nonセラクロムベゼル Ref.126500NON or Ref.126510

そう、ベゼルがセラクロムじゃないステンレスベゼル、ステンレスブレスのデイトナである。

ゴールドモデルには、例えばエバーローズゴールドならRef.126515LNとRef.126505がそれぞれ存在する。

前者はセラクロムベゼルが付いているモデルで、後者はゴールドベゼルとブレスレットのモデルだ。

この両タイプがイエローゴールド、ホワイトゴールドにそれぞれ2種類ずつ存在していて、ゴールド素材のデイトナは計6種類存在するわけである。

文字盤の色を数えないならSSデイトナは1種類しか存在せず、ゴールド素材のように元祖デイトナを発表して欲しいと思っているのである。

Ref.16520、 Ref.116520のようにデイトナといえばこのステンレス剥き出しベゼル、という意見も多く、デイトナがデイトナだった古き良き時代を彷彿とさせる復刻版のようなデイトナを作って欲しいのである。

もちろんデイトナは今でもデイトナであるが、セラクロムベゼルの登場で、デイトナは顔を大きく変えてしまった。

世界の腕時計人気を牽引するラグジュアリースポーツの一つとして、やはりステンレス素材のみで構成されたデイトナの新しいバージョンが見たいのである。

ランボルギーニもあの往年の名車、カウンタックの復刻版を作ったわけで、オリジナルに非常によく似た、しかし中身は現代の最新テクノロジーを駆使した素晴らしい一台に仕上がっていて、ロレックスも過去のデイトナを復活させて欲しいのである。

完全に同じというわけではないが、それで良いのである。

予想/願望2. デイトナ プラチナ Nonセラクロムベゼル Ref.126506NON or Ref.126516

そして二つ目は同じく感じでプラチナデイトナのプラチナベゼルの1本である。

こちらもセラミックベゼルを使用せず、 LNのないゴールドデイトナ同様ケース、ブレス全てプラチナで作ってもらいたい。

文字盤はこれまでにない特殊なカラーリングを使うことで、ステンレスでもなくホワイトゴールドでもない、プラチナデイトナだと瞬時にわかる色分けを施すという作戦だ。

途轍もない人気が出るに違いないと思われる。

予想/願望3. デイトナ SS x YG コンビ  Ref.126513LN

最後は反対に、セラクロムベゼルをコンビモデルに搭載するという荒技を採用したモデル。

デイトナのコンビモデルの一番の特徴がやはりベゼルとケースの素材の違いをツートーン化したところにあるわけだが、新型化したデイトナのベゼル周りに縁ができたことで、コンビモデルにセラクロムベゼルを搭載できる理由が出来たのである。

ロレックス・デイトナ 旧型116500LNと新型126500LNの違いとディスコン旧型の価格推移
SSデイトナ 新型 Ref.126500LNと旧型Ref.116500LNの違いとは? ロレックスは代々シリーズを固定化し、最新モデルもあまりモデルチェンジしないことで有名だ。 数年に一度ほど小さなマイナーチェンジを加え、さらに長いスパンで...

旧型デイトナと新型デイトナの違いをまず見ていただきたいのであるが、ベゼル周りに縁が出来たのが新型で、最外周がケース素材で囲ってある形になっている。

コンビモデルの場合、ステンレスで外周を覆うか、イエローゴールドで外周を覆うかであるが、当然ゴールドのフレームを作るのがベストである。

イメージとしてはこんな感じだ。

このモデルは存在しないし、もし存在するならRef.116513LNで旧型バージョンということになる。

このモデルのベゼルにゴールドの縁が付いたらかっこよくなると思わないだろうか?

まとめ

という感じで、僕がこうだったらいいなと思う2024年新作予想であるが、おそらく登場することはないだろうモデルばかり。

あったら本当にかっこいいと思うのだが。

また新作予想(願望)をお話ししていこうと思う。

タイトルとURLをコピーしました