パネライのルミノールの良さは、ズバリそのダサかっこいいところでしょう!

パネライ

パネライのルミノールという少々野暮ったい見た目の腕時計を見た時、正直衝撃が走りました。

なんでこんな丸くてコロコロしてて、シャープさなんて微塵も感じられない腕時計がこんなに高いんだろうと。

そこから僕のパネライへの興味というものが始まり、今ではすっかりルミノールの虜になっています。

確かに時計そのものを見るとなんともカッコいいというよりはかわいいを体現した腕時計としか言えない感じではあるのですが、ケースの丸みやインデックスのフォントの可愛さ、さらにドーム型の風防がさらなる球体感を醸し出していて、大人の男がする腕時計じゃない、と感じてしまうほどのフェミニンさを滲み出している。

だがしかし、どういうわけか、その存在が気になる。

腕につけた画像を見ると存在感があるから、時計そのものが女性らしいカーブを描いていてもそこはガッツリと男らしさをその空間全体から醸し出している。

ルミノールの良さはですね、分析してみるとその無駄なものを排除したシンプルさにあるとも言えるのではないでしょうか。

パネライのどこがカッコいい?と聞かれることは確かに結構あるのですが、このイタリアンなセンスは時代が到達して初めてわかる世界観であることが多く、言葉で表現出来ない部分を視覚で訴えることに関してはイタリアに右に出る国はありません。

単純なデザインで、一見壁掛け時計や目覚まし時計を小さくしたようにしか見えなくもない。

しかしその分、デザインの複雑さに惑わされない分、素材や雰囲気の良さが重要となってくるわけです。

例えばA4用紙が一枚テーブルの上にあったとしましょう。

文字や絵など何も書かれていない紙が一枚。

そうなると目につくのは紙の質感や材質。

高級な和紙であれば、何も書かないという引き算的なアプローチがその和紙の良さを一番目立たせるわけです。

しきりのついたラーメン屋で集中して食べるようなものでしょうか。

パネライのルミノールという時計はそういう存在なのです。

ルミノールには確かにツッコミたいところが数知れずあります。

ルーフの三角形が四角形に拡張されたようなケースにゴツすぎて手の甲に邪魔になりそうなリューズガード、ださかわいい文字盤、全体的に無駄に存在感を主張するしつこさがこのモデルのツッコミたいポイント。

しかし、それこそがパネライのルミノールをルミノールたらしめる点であり、短所は最大の長所にもなり得るというところをこれでもかと見せつけてくれた初めての腕時計がパネライというフィレンツェで生まれた時計メーカーなのです。

断言します、僕はパネライに飽きることはないだろうと。

というわけで、パネライのルミノール、ダサいのかカッコいいのかという議論がある中で、僕が言えることはルミノールはその両方を兼ね備えているということ。

それゆえに脳が混乱している感覚がある。

例えるなら、チョコレートがかかったポテチを食べる感じ。

甘いのか塩味なのか、ああいうタイプのお菓子にハマる感覚はルミノールにハマるそれと似ているかもしれません。

僕自身チョコレートがかかったポテチや柿の種は好きではないが、真逆の何かのせいで脳が混乱する感覚ならルミノールで経験済みだ。

そういった全体像で判断すると、ルミノールはその野暮ったさにカッコよさがあり、そこに良さを見出したパネライは天才的だと言える。

1860年に誕生して160年以上が経過してても尚、飽きないデザインを放つばかりか、いまだに理解が追いついてない部分があるからだ。

ジェラルド・ジェンタが1970年ごろにデザインしたオーデマピゲのロイヤルオークやパテックフィリップのノーチラスは近年になってようやく評価が最大化されてきている。

そういう点でいうとパネライという時計メーカーはジェラルドジェンタを超える天才なのではないかと思える。

近年色々なものが近未来的になっているが、ルミノールもその曲線や文字盤のフォントなどから同じような雰囲気を感じさせる。

アップルウォッチやアイクポッドなどを思わせたりもする。

パネライは本当にすごい時計だと思う。

こんなに人を惹きつける時計は滅多にない。

タイトルとURLをコピーしました