ベル&ロスはダサいのかカッコいいのか?四角い時計のどこに魅力を感じる?

ベル&ロス

僕は昔、LOFTかどこかで買った3000円くらいの四角い腕時計を持っていた。

当然中身はクオーツで電池で動くやつだったけど、なんとなく四角い腕時計がおしゃれだと感じ、表示もなんだかディスクのようなものが回転するようなタイプだったので割と気に入っていた。

二十歳くらいだっただろうか?

さて、その時計も1年も使えば壊れてしまう。

数千円で買ったノーブランドの腕時計なんてそんなもんだ。

それから時は経ち、四角い腕時計のことは忘れていた。

そう、もうお分かりのことと思います。

ベル&ロスの腕時計を見たときに、これまたなんだか四角い腕時計に惹かれる感覚がよみがってきたのです。

というのは半分合っているのですが、実はベル&ロスではなくタグホイヤーのモナコを見て四角い腕時計への思いが再燃してきたのです。

と、きっかけはモナコでも今ではベル&ロスの絵に描いたような四角いケースの腕時計がなんだかじんわり好きだし、モナコがなくてもベル&ロスのスタイルは好きになっていたに違いない。

四角い腕時計と言えばモナコかベル&ロスと相場が決まっている感じがするし、丸型が主流の時代に敢えてスクエアな腕時計をするのも乙な気がするし、時代がそこに追いついているようにも感じる。

時計界の頂点にいる時計には八角形のものが多いし、トノー形も高級腕時計の代名詞的フォルムになっている。

そういった面でいうと四角い腕時計はまだ超高級ラインのイメージはない。

しかしいずれベル&ロスの腕時計は今よりも高い価値を誇る名ブランドとして多くの富裕層を惹きつけていくに違いない。

僕たちは今その過渡期を眺めている状態なのだ。

数十年後、ベル&ロスの四角い腕時計が高級時計の一番の代名詞的フォルムになっていてもなんら不思議ではない。

テスラのサイバートラックですらあんなにエッジを効かしているわけですから。

エッジといえばランボルギーニ。

面と角を徹底的に意識したデザイニングは敢えてフェラーリの曲線を被せるかのように対抗している気がするし、個人的にランボルギーニのデザインの方が外装でも内装でも圧倒的に好みなので、上述したサイバートラックもベル&ロスの四角い腕時計にもやはり言葉では表せない魅力を感じている。

ベル&ロスのデザインは基本的には飛行機の計器をイメージしてあるみたいですが、確かにブランド全体としてパイロット系のようなイメージがある。

ケースは四角でもベゼルや文字盤部分は丸型にデザインしてあり、四角の中に円が埋まっているという、数学の授業で見たことがあるような形状をしている。

ベル&ロスを着用するのは基本的には男性で、理数を得意とした人たちが潜在的にベル&ロスに好意的な感覚を持つこともあり得るのではないかと思えるのです。

もう一つベル&ロスのスタイルはより機械的でマシーナリーな無機質感を醸し出しており、シルバーのステンレスとの相性が抜群なのである。

機械的なエッジーなデザインとステンレス。面取りした柔らかさもあるが、基本的にはオーデマピゲのロイヤルオークのような非生物的な良さを醸し出すことに成功している。

腕時計という存在自体が機械でありますから、機械的な機械時計ともなると、全くもって喧嘩しない組み合わせなのだ。

ベル&ロスにはアイディアに溢れたモデルが多数あるので、そういったものを紹介していきたいと思っている。

タイトルとURLをコピーしました