ロレックス、廃盤(ディスコン)になったサブマリーナグリーンはどれ?16610LV, 116610LVの定価は?

サブマリーナ

サブマリーナの新型が刷新された2020年。

当時はパンデミックの影響でオンラインでの発表のみとなった時計界にとっては味気ない一年であっただが、ロレックスファンにとってはそれを吹き飛ばす印象的な一年だったに違いない。

ロレックスの新作発表は毎年ものすごく注目が集まるイベントとして知られているが、新型モデルが発表されるとなるとイベントやロレックス界隈はさらに活況に見舞われるのである。

マイナーチェンジであることが多いのであるが、ごっそりと世代交代したり新しいモデルが誕生した時なんかはクロノトリガーの千年祭のような熱狂ぶりなのである。

2020年に新型のサブマリーナが登場した際には、グリーンベゼルも同時に発表され、それと同時に116610LVはお払い箱になったのである。

お払い箱といってもロレックスに関しては社長をクビになったわけではなく、会長職に移動したという表現に近い。

カタログ落ちしてディスコンになったモデルは希少価値が生まれ、高くなっていくのである。

さて、そんなわけで今日は廃盤になったサブマリーナグリーンを見ていく。

といっても2モデルしかない。

サブマリーナ グリーン 初代 Ref.16610LV

ロレックス サブマリーナ デイト グリーン ブラックダイヤル Ref.16610LV
ロレックス サブマリーナ デイト グリーン ブラックダイヤル Ref.16610LVの一覧と価格の詳しい情報はこちら>>

製造期間 : 2003 – 2010
文字盤 : ブラック
ベゼル素材 : アルミニウム
ムーブメント : Cal.3135
ケース厚 : 12.5mm
定価 : 630,000円

サブマリーナ グリーン 2代目 Ref.116610LV

ロレックス サブマリーナ デイト グリーン Ref.116610LV
ロレックス サブマリーナ デイト グリーン Ref.116610LVの一覧と価格の詳しい情報はこちら>>

製造期間 : 2010 – 2020
文字盤 : グリーン
ベゼル素材 : セラミック
ムーブメント : Cal.3135
ケース厚 : 13mm
定価 : 898,700円(製造期間の間に定価は上昇する傾向にある)

これらが廃盤となったモデルである。

そう、まだグリーンサブは3代目で、過去に2モデルしか廃盤になっていないのである。

簡単にグリーンサブのおさらいをするとこういうことだ。

サブマリーナが誕生したのは1953年。

当時まだ戦後間もない頃で、世界中ではダイバーズウォッチの必要性を多分に感じていた時代である。

デイトナが登場したのが1963年で、007が映画化されたのもちょうどその頃1962年頃だ。

当時ジェームズボンドはサブマリーナを着用していたわけであるが、軍事的、スパイ目的の用途にサブマリーナはもってこいだったのである。

ロレックス・歴代ジェームズボンド(007)が映画内で着用していたサブマリーナとプレデイトナ
ロレックスといえば高貴な腕時計、というよりも高級な腕時計をより現代風に解釈したスポーツウォッチでありながら、誰もは買えないある一定の高いハードルが敷かれた質実剛健な小型精密機械といった感じ。 と感じるのは僕だけかもしれないが、当たらずも遠か...

そして時は経ち、2003年、ロレックスはサブマリーナ誕生50周年を記念して緑色のベゼルを持つモデルを作ったわけだが、これがなんとも通常のブラックモデルを凌ぐ人気になっている。

なぜなのかはこちらの記事で書いてるのそちらを読んでいただきたいが、ロレックスとしては結果オーライである。

ロレックス サブマリーナ グリーンベゼルはなぜ高い?
ロレックスの中でどのモデルが一番好きだろうか。 みなさんにはそれぞれロレックスに対する思い入れや好みなどの嗜好があるだろうと思う。 スポーツタイプのロレックスの中では僕はデイトナがやはり一番好きであるが、サブマリーナの静かなスポーツ性という...

さて、そんなわけでサブマリーナの廃盤モデルを見てきたわけであるが、当然の如く価格も高騰していると思ったら実際はそうでもない。

ロレックス現行サブマリーナの定価と最安値と価格推移・126610LN, 126610LV, 124060を比較
ロレックスのサブマリーナが誕生して2023年で70年が経った。 ちょうどデイトナが正式に誕生する10年前には既にサブマリーナは存在していたのである。 1950年代といえばまだ戦争が終わって間もない、世界がまだ緊張状態であった時代で、クロノグ...

こちらで新型グリーンサブ Ref.126610LVの最安値について言及しているが、ざっと見て240万円ほどだ。

それに対し、初代Ref.16610LVが210万円、 2代目が270万円とどの世代も大きな差が出ているとは言えないのである。

どうして球数がまだ多そうな2代目の方が高額なのかはおそらく文字盤の色にあると思う。

初代、3代目と文字盤がブラックダイヤルになっているのであるが、2代目に限っては文字盤までもグリーンな仕様になっている。

要はロレックスファンはどこに希少性があるのかを具(つぶさ)に観察しているのである。

グリーンサブ3世代の中で一番に300万円に到達するのは2世代だと思われるが、個体によっては既に同世代のデイトナ Ref.116520の中古価格を追い越している。

それほどまでの人気であると言えば分かりやすいであろうと思う。

サブマリーナがデイトナの価格を超える、そんなことがあっても良いのだろうか、と一世代前の方なら思うであろう。

僕も思っている。

ロレックスのシリーズを世代別モデルごとに見てみるとあらゆる特徴があって面白い。

タイトルとURLをコピーしました