ロレックス 新型18Kデイトナ・セラクロム、ノンセラクロムベゼルの価格を比較する

デイトナ

18Kデイトナ セラクロムベゼルの価格

ロレックスのデイトナが発表されたのは1963年のこと。

デイトナビーチのレースコースのオフィシャルタイムキーパーとなったのが1962年。

それがロレックスが自社の名も無いクロノグラフをデイトナと名付けた所以である。

1963年はポルシェにとってもある深い意味がある。

ロレックスとポルシェの関係、共通点とは?・デイトナと911を比較する
ロレックスとポルシェはよく似ている。 何が似ているかというと、両者が持つブランドイメージである。 世間一般に高級腕時計といえばロレックス、高級車といえばポルシェが数ある車メーカーの中から挙げられると思う。 当然フェラーリやランボルギーニやマ...

ポルシェとロレックスの共通点を知りたい方はこちらをご覧あれ。

話を戻そう。

2023年、ロレックスはデイトナの60周年を記念してあらゆるモデルを登場させた。

Ref.126500LN ステンレススチール

ロレックス・デイトナ 旧型116500LNと新型126500LNの違いとディスコン旧型の価格推移
SSデイトナ 新型 Ref.126500LNと旧型Ref.116500LNの違いとは? ロレックスは代々シリーズを固定化し、最新モデルもあまりモデルチェンジしないことで有名だ。 数年に一度ほど小さなマイナーチェンジを加え、さらに長いスパンで...

Ref.126503 イエローゴールド x スチール コンビ

ロレックス・新旧デイトナコンビを比較・126503、116503、今一番の掘り出し物のラグスポ
みなさんは、コンビモデルの腕時計がお好きだろうか? 僕はステンレスとイエローゴールドのコンビには目が無い。 特にロレックスのデイトナのコンビには痺れる感覚があって、この腕時計がそこはかとなく好きである。 最近はアップルウォッチなども流行って...

Ref.126506 プラチナ

ロレックスがシースルーバック?プラチナデイトナ アイスブルー 126506・キムタク愛用の新型
さて、ロレックス界隈で大きな動きが見えます。 2024年の新作発表目前の今日この頃ですが、今更ながらデイトナにあらゆるモデル投入されその仕様に驚いている人もたくさんいらっしゃるのではないだろうか。 かくいう僕もデイトナの新たなモデルにも驚い...

Ref.126529LN ホワイトゴールド ルマン24 100周年アニバーサリー

ロレックス デイトナ 126529LN 逆パンダダイヤル ホワイトゴールド・ルマン24の100周年アニバーサリー
最近のスイス時計は家が買えると話題である。 誰も話題にしてないかもしれないが、僕の中では話題なのだ。 全僕が泣いた。 そんな価格帯になっている。 一昔前、といっても10年15年そこらであるが、一周りの年月で桁が変わってしまうほどのインフレを...

ここでまだ紹介していないのが、エヴァーローズゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドの新型モデルたちだ。

基本的にはステンレスデイトナやコンビデイトナと同じ感じである。

違う点といえば、素材の違いを除くと標準装備がブレスレットかオイスターフレックスのラバーストラップかという点のみであろう。

ホワイトゴールドのアニバーサリーモデルとプラチナモデルの裏蓋はシースルーになっているのである。

ロレックスには特別モデルというものがほとんど存在しない。

あらゆる時計メーカーがあらゆる組織や時計以外の企業とコラボしたりするのに、ロレックスは過去にドミノピザやティファニーやカルティエなどとコラボしたきり、ほとんどコラボモデルや特別エディションなるものを作らないようになっていた。

お堅いブランドのイメージが定着した理由の一つのそういったことが挙げられる。

であるからして、ケースの裏蓋をシースルーにしたことはあまり目立たない仕様ではあるが、ロレックスにとってはかなり大きな変化なのである。

さて、そんなわけで、今日は一気にゴールドデイトナの新型の価格を比較してみたいと思う。

といっても大袈裟なものではなく、全6種、どのくらいの価格で販売されているのかを見るくらいである。

気になるのはその最安価格と素材による人気度の分布、である。

人気度は価格に反映されているので、どの程度の価格帯で購入できるのか2024年3月の基準を記述しておこうと思う。

デイトナ エバーローズゴールド Ref.126515LN


720万円(2024年3月の基準)〜

ロレックス デイトナ エバーローズゴールド Ref.126515LN
ロレックス デイトナ エバーローズゴールド Ref.126515LNの一覧と価格の詳しい情報はこちら>>

デイトナ イエローゴールド Ref.126518LN


690万円(2024年3月の基準)〜

ロレックス デイトナ イエローゴールド Ref.126518LN
ロレックス デイトナ イエローゴールド Ref.126518LNの一覧と価格の詳しい情報はこちら>>

デイトナ ホワイトゴールド Ref.126519LN


700万円(2024年3月の基準)〜

ロレックス デイトナ ホワイトゴールド Ref.126519LN
ロレックス デイトナ ホワイトゴールド Ref.126519LNの一覧と価格の詳しい情報はこちら>>

うむ、どれも美しい。

さて価格帯の始まり値であるが、これはまだ誤差の範囲なのではないかと思う。

というのもスチールデイトナ Ref.116500LNの白文字盤と黒文字盤の価格差はもっと大きいからである。

全体の価格も400万円台〜と、価格そのものが低いにも関わらずだ。

ロレックス デイトナ投資・116500LNは白文字盤、黒文字盤どっちが人気?
数年前のロレックスのデイトナ人気を思い出す。 ロレックスはいつだって人気ではあるが、数年前のデイトナ300万円問題がなかなか懐かしい。 僕が勝手に300万円問題だと言っているだけなのだが、当時ロレックスのステンレスモデルのデイトナの人気がす...

こちらの記事を参考にしていただけたらと思うが、価格差は時計自体の値段の10%くらいであるのに対し、ゴールドモデルは4%ほどしかない。

まだまだ新型が登場したばかりであるので、といっても1年が経過しているがもう少し様子見したいものである。

それにしても面白いのが旧型のゴールドデイトナはエヴァーローズが一番価格が安かった。

ロレックス 新型ゴールドデイトナ登場で旧型はどうなった?・全6モデルの価格を比較
ロレックスのデイトナの新型が発表されてちょうど一年くらいだろうか。 ロレックスは新型が登場するとものすごく騒がられるわけだが、なぜかというとロレックスが何かを発表するとそれまでのモデルが旧型化し、希少性が高まり入手出来るかどうかという可能性...

市場の動きというのは完全に予測することは不可能である。

昔はイエローゴールドの人気が悪かったような気がするが、世間が派手な腕時計を認めた結果なのであろう。

一番派手なカラーであるから、時代が控えめなものを好んでいた時はそれが価格に反映されていたのであろう。

高級腕時計とSNSと投資・ロレックスやパテックフィリップ、オーデマピゲ
ロレックスのフラッグシップであるデイトナの値動きは本当にわからない。 基本的にジュエリーや貴金属の価格は素材とブランドに影響される。 ブランド力と素材の価値、そして素材の使用量、それに宣伝費云々がかかってくるわけだが、ロレックスに関してはそ...

SNSとも深い関わりがあると思われる。

18Kデイトナ ノンセラクロムベゼルの価格

1963年にコスモグラフデイトナが公式的にその名で登場し、2023年には60周年を迎えたことは上述したとおりだ。

なんともすごい年になったのが2023年であり、ロレックスはデイトナ現行モデルを全てディスコンにし、そして旧型モデルを全て新型化したばかりではなく特別モデルを登場させたり、良い意味で血迷っているのが最近のロレックスなのだ。

ここまで大々的に大きな変化をもたらしてくれるのはファンとしては嬉しい限り。

1シリーズであまり市場に一気に新しいモデルを投入することがないので、この度ロレックスが行ったデイトナ大改造はなんともショッキングである。

次は上記の通り、セラクロムベゼルがついてない、ベゼルもブレスもゴールド素材そのもののモデルを3種の価格を見てみようと思う。

おそらくは、というかゴールドの使用量の関係からもセラクロムLNモデルよりも高額であることがほぼ確実に予想される。

因みにセラクロムベゼルモデルのリファレンスの末尾に付けられたLNはLunette Noirのことで黒い輪というフランス語の言葉である。

ではエバーローズゴールドから。

デイトナ エバーローズゴールド Ref.126505


880万円(2024年3月の基準)〜

ロレックス デイトナ エバーローズゴールド Ref.126505
ロレックス デイトナ エバーローズゴールド Ref.126505の一覧と価格の詳しい情報はこちら>>

デイトナ イエローゴールド Ref.126508


820万円(2024年3月の基準)〜

ロレックス デイトナ イエローゴールド Ref.126508
ロレックス デイトナ イエローゴールド Ref.126508の一覧と価格の詳しい情報はこちら>>

デイトナ ホワイトゴールド Ref.126509


850万円(2024年3月の基準)〜

ロレックス デイトナ ホワイトゴールド Ref.126509
ロレックス デイトナ ホワイトゴールド Ref.126509の一覧と価格の詳しい情報はこちら>>

うむ、見た感じは旧作となんら変わりはないが、インデックスやインダイヤル幅が微妙に変わっている。

6時位置の目盛りの間に王冠ロゴがデザインされ、若干『SWISS MADE』 の下ではあるが、 『SWISS 👑 MADE』 という感じになっている。

価格であるが、うむ、高い。

やはり新型は旧型と比べ2割、3割ほど高くなっている。

ディスコンになったとはいえ結構な価格差がある。

ロレックスはブランドの性質上、旧型の値段が落ちにくいのである。

それでも2、3割しか変わらないというのはかなり高額な取引額ではあると思う。

車の世界では考えられない水準だ。

今後この価格は1000万円を優に超えてくるだろうと思われる。

2022年の水準に比べ、若干の落ち着きは見せてきてはいるが、再び高騰の兆しをみせる値動きをしているデイトナもあって、バブルが是正され、時間とともに最バブル期の価格が標準値になるのではないだろうかと思われるのである。

また追って価格をお知らせしようと思う。

タイトルとURLをコピーしました